WordPress の埋め込み動画ブロックをレスポンシブにする方法

この記事では、WordPress の 動画の埋め込みブロックをレスポンシブにする方法について解説します。

WordPress の 動画の埋め込みブロックをレスポンシブにする方法

とりあえず、適当に YouTube から動画を引っ張ってきて YouTube 動画の埋め込みブロックを使って貼っておきました。

上記動画のブロックはだいたい下記のような HTML 構造を吐き出しています。

<figure class="wp-block-embed-youtube wp-block-embed is-type-video is-provider-youtube wp-embed-aspect-16-9 wp-has-aspect-ratio">
	<div class="wp-block-embed__wrapper">
			<iframe type="text/html" src="https://www.youtube.com/embed/H-IPxeSXB5s" allowfullscreen="true" ></iframe>
	</div>
</figure>

今回はこれに対し、CSS でレスポンシブ化を行っていきます。

コンテンツエリアめいいっぱいに広げる場合

コンテンツエリアめいいっぱいに広げる場合は 子テーマ の style.css 等に下記コードを適用することで可能です。

.is-type-video {
	width: 100%;
	max-width: 100%;
	margin: 1em 0;
}

.is-type-video .wp-block-embed__wrapper{
	position: relative;
	padding-bottom: 56.25%;
	overflow: hidden;
}

.is-type-video iframe {
	position: absolute;
	top: 0;
	left: 0;
	width: 100%;
	height: 100%;
}

最大幅を決めて中央揃えにする場合

最大幅を 560px とし、中央揃えにする場合は 子テーマ の style.css 等に下記コードを適用することで可能です。

.is-type-video {
	width: 100%;
	max-width: 560px;
	margin: 1em auto;
}

.is-type-video .wp-block-embed__wrapper{
	position: relative;
	padding-bottom: 56.25%;
	overflow: hidden;
}

.is-type-video iframe {
	position: absolute;
	top: 0;
	left: 0;
	width: 100%;
	height: 100%;
}

まとめ

この記事では、WordPress の 動画の埋め込みブロックをレスポンシブにする方法について解説しました。

動画がレスポンシブでない場合、CSSを追記することでレスポンシブ化することが可能になりました。

広告

今回は mozell さんが作曲された「玻璃」の動画を使用させていただきました。

mozell さんの楽曲は「その曲が収録されている CD または DL 版を購入すれば自分の動画やゲームに使用可能」というライセンス形態がとられています。「玻璃」は「もぜ楽」に収録されているので、「もぜ楽」を購入すれば使用可能になります。

この曲を自分のゲームや動画に使ってみたいという方はぜひ「もぜ楽」を購入してみてください。

Follow me!

関連記事

投稿はありません。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください